バスマサの知っとく情報2

レジデント 増田貴久 4話

レジデントに出演中の増田貴久
・真中潤一役
大学附属病院救命救急センターの研修医です。

医者一族の跡取り息子で、
物腰は柔らかく人当たりもいい為患者達からは信頼されていますが、
本人は現実の厳しさと、
“代々医者”のブランドにプレッシャーを感じ始めています。
年齢は24歳。

あらすじ 11月8日放送分(第4話)
しずく(仲里依紗)は、
町中で倒れた少女・ルカ(杉咲花)に付き添い、
センターに搬送します。
すぐに母親の薫(若村麻由美)が駆け付けてきますが、
ルカの体調を心配するどころか、
仮病扱いし厳しい言葉を投げ付けるます。
その薫の言動にしずく達は静まります。
一方、矢沢(林遣都)は、
患者の志津(加賀まりこ)に付きまとわれていました。
72歳の志津は、
矢沢が外来を担当する時間を狙って来院を繰り返し不調を訴えますが、
仮病である事は明らかでした。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
開業医の家に生まれた美山しずく(仲里依紗)は、
長男である出来の悪い双子の弟に代わって医学部を目指します。
だが、父には「女のお前に期待したことはない!」と言われ、
親の援助を受けずに奨学金を受けて医学部に入学します。
国家試験に合格したしずくは、
1年目の研修医として大学附属病院のいくつかの診療科を回った後、
救命救急センターに配属されます。
そこにはしずくのほか、
矢沢圭(林遣都)、
真中潤一(増田貴久)、
小岩井陽菜子(大政絢)、
新城紗知(石橋杏奈)ら4人の研修医がいました。
それぞれに問題を抱える5人の若き研修医達は、
救命医療の厳しい現実に直面し、
悩みながらも成長していきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

東京全力少女 予告 5話

東京全力少女 5話目の予告
【送料無料】恩知らず [ 中島みゆき ]

【送料無料】恩知らず [ 中島みゆき ]
価格:1,050円(税込、送料別)



見どころ 11月7日放送分(第5話)
いよいよ麗(うらら、武井咲)の、
卓也(渡部篤郎)私生活改造計画は仕上げの段階に入りました。
こともあろうに、
卓也の恋人である3人・華子(比嘉愛未)・冬(市川由衣)・はるか(森カンナ)を、
マンションに呼び出したのです。
そして、卓也には「本命を決めろ」と迫ります。
今の生活を続けたい卓也は大慌て。
必死にニアミス状態を作り出し、
追い返す事に成功しますが、
華子からは「しばらく会わない」と、
宣言されてしまいます。
「これ以上余計な事をするな!」と、
卓也は大激怒します。
麗は麗で、
自分の気持ちを全く理解しない父が許せません。
家を出て大輔(三浦翔平)のもとに転がり込みます。
卓也は麗がいなくなって初めて、
その存在がいつのまにか大きくなっていた事に気付きますが、
素直になれません。
そんな卓也の様子を見た弘一(塚本高史)は、
ある計画を思いつきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
19歳になったばかりの佐伯麗(武井咲)は、
美容院を営む母・さゆりに
「ママ、心配しないで、私は東京へ行きます」
と書いた置手紙を残して東京行きの深夜バスに乗ります。
15年前に離婚して以来、
女手一つで自分を育ててくれた母には感謝していましたが、
キラキラ光って見える憧れの東京で生活してみたいと思い立ち、
62万円の貯金を全額おろして、
家出同然で故郷・香川を後にしたのでした。
東京には実父の鈴木卓也(渡部篤郎)が住んでいましたが、
父を頼る気はありませんでした。
翌朝、東京に到着した麗は、
不動産屋の店頭で住む部屋を探しますが、
安い部屋は見つかりません。
落胆しつつ朝食を取ろうと入った牛丼屋で、
夜行バスで一緒だった玉川大輔(三浦翔平)にナンパされます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

パーフェクトブルー ネタバレ 5話目

パーフェクトブルー 5話目のネタバレ


あらすじ 11月5日放送分(第5話)
人気のない路上で、
男(伊吹吾郎)が傷だらけの少女に
「しばらくの辛抱だよ、俺が父親の代わりになるから…」と、
いいながら車のトランクへと隠しました。
蓮見探偵事務所の所長・杏子(財前直見)がハマって見ている脚本家、
御園雅人(菅原大吉)が書いたテレビドラマの1シーンです。
ドラマを楽しんでいたのもつかの間、
高校の文化祭で展示する絵を描く為、
遅くなると言っていた次女の糸子(高橋春織)が帰って来ません。
しかし、高校は夜の10時頃には出ているというのですが、
携帯は繋がりません。
蓮見家が集うバー「ラ・シーナ」にいるのでは?と、
加代子を伴って店を訪ねてみるのですが、
マスター・椎名(寺脇康文)も知らないといいます。
深夜になり、
痺れを切らした加代子(瀧本美織)が外へと探しに出ようとした時、
糸子が進也(中川大志)と肩を寄せ合いながら店へと帰って来ました。
どうやら無事な様子だが、
未成年2人の行動としては問題です。
糸子に事情を聞くと、
帰る途中、
車のトランクに隠れてる少女(熊田胡々)を見かけ、
危ないから注意しようとしたら何者かにスタンガンらしきもので襲われ、
倒れていたところを進也に助けられたといいます。
腑に落ちないのは杏子と加代子です。
さっき観たばかりのテレビドラマと、
まったく同じような内容だったからです。
糸子の話を信じようとしない母・杏子と姉・加代子に、
今度は進也が痺れを切らし
「襲った犯人を捕まえる」と啖呵を切ります。
翌日、
蓮見探偵事務所にやって来た御園明子(杉田かおる)の依頼は、
糸子が巻き込まれた事件に類似したドラマを書いた、
脚本家・御園雅人の浮気調査でした。
ドラマのストーリーは、
妻に捨てられた夫が、
家庭内暴力に苦しむ少女と出会い、
擬似親子愛を深めて、
自分の人生を捧げるという内容です。
まるで妻へのあてつけの様な内容の脚本に加え、
「このドラマが私の全て」と雑誌の取材でも語っている夫・雅人。
長い間子宝に恵まれず別居状態の妻・明子が不満を持っていた事と、
夫の携帯電話に「みずえ」という知らない女の着信履歴があった事に加え、
多額の貯金を下ろしている事から、
雅人が女に貢いだのではとの疑問を持っているといいます。
明子は明子で専業主婦でありながら家事はせず、
ハウスキーピング会社に頼りきりで外食ばかり。
既に離婚話も持ち上がっている為、
どうせ別れるなら慰謝料を多くとる為に、
浮気の証拠は揃えておきたいというのが依頼の動機です。
そこで蓮見探偵事務所では、
加代子が明子から依頼された調査を担当し、
ベテランのミミさんこと三浦美智子(根岸季衣)が、
糸子と進也の調査をバックアップする事になりました。
糸子達は、
少女が隠れていた車の持ち主・植草篤(モロ師岡)をつきとめ、
その行動を追います。
ところが、
スクープ雑誌の編集者・松井千鶴(笠木泉)の死と、
脚本家・御園雅人が謎の自殺をした事で浮気調査の必要が無くなってしまいました。
依頼が取り下げられれば、
探偵事務所は調査出来なくなるのですが…。
(公式HPより)

概要
人気作家・宮部みゆきの長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」と、
その登場人物たちで描かれた
短編集「心とろかすような―マサの事件簿」を合わせて連続ドラマになりました。
「パーフェクト・ブルー」は2010年2月にWOWOWでドラマ化されていますが、
今回はその物語を横軸に、
短編集のエピソードを縦軸にして、
1話完結スタイルのミステリーとして描かれています。
民放初主演の瀧本美織が演じるのは、
女ばかりの探偵事務所に勤める新米調査員・蓮見加代子。
そして加代子とコンビを組んで調査にあたる、
元警察犬・マサの声を船越英一郎が担当します。
加代子とマサが繰り広げる謎解き、
個性派揃いの探偵事務所の女性達が織りなす人間ドラマに注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。