テレビ (3) - バスマサの知っとく情報2

悪夢ちゃん ももクロ

悪夢ちゃんの主題歌を、
ももクロが歌っていますね。
サラバ、愛しき悲しみたちよ/ももいろクローバーZ

あらすじ 10月13日放送分(第1話)
5年2組の担任・彩未(北川景子)は、
表向きは生徒思いの優しい先生ですが、
本当の顔は性悪な変人でした。
そんな彩未のクラスに編入した結衣子(木村真那月)が、
通学路にある家のおばあさんが燃えるので、
助けてくれと妙な事を言い出します。
一方、彩未の実名を出した
「わたしの先生はサイコパス」と題するブログがアップされ、
職員室でも話題になります。
翌日、結衣子が話したとおり老女が焼死しました。
欠席した結衣子の自宅を訪ねた彩未は、
祖父の万之介(小日向文世)から、
結衣子に‘予知夢’を見る能力があると聞かされます。
(YAHOOテレビGUIDEより)


ストーリー
小学校教師の武戸井彩未(北川景子)は、
表向きは誠実な先生ですが、
その本性は愛や絆等を全く信じない腹黒女です。
ある日、そんな彩未のクラスに古藤結衣子(木村真那月)という、
謎の少女が転校してきます。
結衣子は転校早々、
「この中の誰かが人を殺す」とクラスメイトに衝撃の発言をし、
顰蹙を買います。
そんな折、
今度は彩未の裏の顔を暴露した匿名の告発ブログが見つかり、
生徒の間では結衣子が犯人だという噂が広まります。
彩未は結衣子の家へ家庭訪問する事になります。
そこで結衣子に予知夢を見る能力がある事を知り、
結衣子の祖父・古藤万之介(小日向文世)から、
デジタル映像化された結衣子の予知夢を見せてもらった彩未は、
衝撃を受けます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

東京全力少女 予告

東京全力少女 予告
【送料無料】恩知らず [ 中島みゆき ]

【送料無料】恩知らず [ 中島みゆき ]
価格:1,050円(税込、送料別)


内容 10月10日放送分(第1話)
「ありえない」香川県琴平のバス停で呟き続ける1人の女性。
女性は東京に向かう深夜高速バスに乗り込むと、
ふたたび一際大きな声で言い放ちました。
「あり得ないんですけど!」
声の主は佐伯麗(武井咲)19歳です。
相手は、窓外を見て涙する若い男です。
続けて「そこ私の席!」と言い募ります。
相手の様子などまるでおかまいなしです。
そんな麗に、
男は涙を拭うとうんざりした表情でチケットを出します。
「ちゃんと見ろよ。」
「・・・あ、失礼しました。」
麗はそそくさ前の席へ移動します。
普段は明るくてポジティブな麗が、
ここまで取り乱すのにはわけがあります。
そのわけを麗はぶちまけたくてたまりません。
今、怒らしたばかりなのに、
麗はさっそく後ろの席の男、
玉川大輔(三浦翔平)に話しかけます。
「話、聞いてもらえますか?」始めると、
後は立て板に水でした。
大輔には口も挟ませません。
19歳の誕生日を迎えた今日、
死んだと聞かされていた父親が、
実は生きていて、
東京にいるのだと母親から聞かされました。
それで、居ても立ってもいられず、
こうして東京行きのバスに乗っているのだと。
自分の事だけを話し終えた麗は
「寝ますので、話しかけないで」
と持参したアイマスクと耳栓をして寝てしまいます。
大輔は、そのマイペースぶりに失恋のショックを忘れ、
逆に妙に気になってしまいます。
 新宿に到着した麗は、
まずは腹ごしらえと入った牛丼屋で大輔と再び出くわします。
大輔は、父親探しを手伝うと言って話しかけますが、
こんなナンパな男なんて信用できないと、
麗は適当にあしらって店を後にしました。
次に、まずは住む所を探さないと、
と不動産屋へ向かいますが、
東京はそんなに甘くはないです。
携帯サイトに載っていた物件は、
昨日一日で全部決まってしまったと言われてしまいます。
「釣り広告だ!」と騒いでみますが、
結局、体よく追い出される始末です。
といっても、
簡単にめげるわけにはいきません。
さっさと、別の不動産屋へと向かいます。
と、その途中、
商店街の一角でフリーマーケットをやっていました。
かわいいワンピやブラウスにタダのような値札が付いています。
さっそく試着し500円のワンピを買いました。
やっぱり東京は違うと、
気分は上々です。
おまけにとびきりかわいい店員のおネエさん(芹沢華子・26)と友達になり、
格安物件を扱っている不動産屋まで紹介してもらいます。
案内された物件は、
場所は下北沢、
間取りは広く、
内装は綺麗、
しかも家賃は3万円です。
しかし、うまい話には裏があります。
なんとそこは事故物件です。
にも、関わらず、麗は「全然OKです。」と即決。
早速、手付金を払おうと、
バッグを開けた時、
麗の叫び声がこだましました。
「ない!!!!」
銀行で下ろした貯金全額62万1000円がなくなっていたのでした。
替わりになぜか、
バッグの中には大輔のケータイ番号が書かれた紙切れが入っています。
怒り心頭で大輔に電話し、
さっそく会って問い詰めるが、
大輔は盗っていないといいます。
確かにお金を盗った本人が、
自分の電話番号など教えるはずがありません。
とすると考えられるのはフリーマーケットだけ。
大輔への謝罪もそこそこに、
急ぎフリマに戻ると制服警官が集まり、
騒然としているではないですか。
華子によると、
置き引き事件があったようで、
被害者がたくさんいるといいます。
上京1日目にして挫折か、
としょげる麗に華子は
「ちょっと待って」
と電話をかけ始めた。
華子に連れられ西麻布のしゃれたレストランにやってきた麗。
そこにはスーツ姿のあやしげな男(渡部篤郎)と、
若い男(塚本高史)が待っていました。
あやしげな男の方は話を聞くと、
テーブルの上にポンと二万円を置き
「買うよ!パンツ」と言い放ちました。
さらに、「田舎に帰れ!親に心配をかけるんじゃない」と怒鳴りつけます。
唖然としながらも
「帰れません!私と母を捨てた父が東京のどこかにいるんです!」
と言い返す麗。
男はその言葉を聞くと、
一瞬、顔を曇らせながらも背中を押して
「とにかく田舎へ帰りなさい」と促します。
その瞬間、
麗の頭に幼少時代の思い出がフラッシュバックします。
それはブランコで背中を押してくれた父の手の感覚でした。
麗は、鈴木卓也は自分が探していた父親ではないかと疑い、
尾行を始めます。
15年ぶりの父親の現在の姿をなんとしても知りたい。
もちろん、
立派な人であって欲しい。
しかし、麗の期待は大きく裏切られます。
鈴木は、何人もの女性と付き合う、
極めてだらしのない男でした。
自分を捨てた父親の身勝手な私生活に、
麗は怒りを覚えると共に、
ある決意をします。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
19歳になったばかりの佐伯麗(武井咲)は、
美容院を営む母・さゆりに
「ママ、心配しないで、私は東京へ行きます」
と書いた置手紙を残して東京行きの深夜バスに乗ります。
15年前に離婚して以来、
女手一つで自分を育ててくれた母には感謝していましたが、
キラキラ光って見える憧れの東京で生活してみたいと思い立ち、
62万円の貯金を全額おろして、
家出同然で故郷・香川を後にしたのでした。
東京には実父の鈴木卓也(渡部篤郎)が住んでいましたが、
父を頼る気はありませんでした。
翌朝、東京に到着した麗は、
不動産屋の店頭で住む部屋を探しますが、
安い部屋は見つかりません。
落胆しつつ朝食を取ろうと入った牛丼屋で、
夜行バスで一緒だった玉川大輔(三浦翔平)にナンパされます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

レジデント 増田貴久

レジデントに出演中の増田貴久
・真中潤一役
大学附属病院救命救急センターの研修医です。

医者一族の跡取り息子で、
物腰は柔らかく人当たりもいい為患者達からは信頼されていますが、
本人は現実の厳しさと、
“代々医者”のブランドにプレッシャーを感じ始めています。
年齢は24歳。

ストーリー
開業医の家に生まれた美山しずく(仲里依紗)は、
長男である出来の悪い双子の弟に代わって医学部を目指します。
だが、父には「女のお前に期待したことはない!」と言われ、
親の援助を受けずに奨学金を受けて医学部に入学します。
国家試験に合格したしずくは、
1年目の研修医として大学附属病院のいくつかの診療科を回った後、
救命救急センターに配属されます。
そこにはしずくのほか、
矢沢圭(林遣都)、
真中潤一(増田貴久)、
小岩井陽菜子(大政絢)、
新城紗知(石橋杏奈)ら4人の研修医がいました。
それぞれに問題を抱える5人の若き研修医達は、
救命医療の厳しい現実に直面し、
悩みながらも成長していきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。