悪夢ちゃん ももクロ 7話 - バスマサの知っとく情報2

悪夢ちゃん ももクロ 7話

悪夢ちゃんの主題歌を、
ももクロが歌っていますね。
サラバ、愛しき悲しみたちよ/ももいろクローバーZ


見どころ 11月24日放送分(第7話)
彩未(北川景子)は、
封印していた子供の頃の忌まわしい思い出に苦しめられるようになります。
結衣子(木村真那月)は彩未の様子に異変を感じ、
自分に原因があるのではないかと思い始めます。
一方、結衣子の悪夢を利用して、
世間を騒がせていた事件を解決した志岐(GACKT)は、
夢分析のエキスパートとして注目を集め、
警察からも協力を求められます。
志岐にとって、
自分の野望を果たす為には、
結衣子の存在が不可欠でした。
志岐は、山里(和田正人)を使って結衣子を誘拐します。
そして「予知夢を見る能力を必要とする人の為に使うべきだ」と、
結衣子を協力者にするべく説得します。
まもなく、彩未と万之介(小日向文世)が、
結衣子を迎えにやってきます。
しかし、結衣子は、
志岐と一緒にいる事を選びます。
そんな中、自分の夢に悩む貝原(濱田マリ)が、
志岐に相談します。
結衣子は、
貝原の過去にまつわる悪夢を見るようになり・・・
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
小学校教師の武戸井彩未(北川景子)は、
表向きは誠実な先生ですが、
その本性は愛や絆等を全く信じない腹黒女です。
ある日、そんな彩未のクラスに古藤結衣子(木村真那月)という、
謎の少女が転校してきます。
結衣子は転校早々、
「この中の誰かが人を殺す」とクラスメイトに衝撃の発言をし、
顰蹙を買います。
そんな折、
今度は彩未の裏の顔を暴露した匿名の告発ブログが見つかり、
生徒の間では結衣子が犯人だという噂が広まります。
彩未は結衣子の家へ家庭訪問する事になります。
そこで結衣子に予知夢を見る能力がある事を知り、
結衣子の祖父・古藤万之介(小日向文世)から、
デジタル映像化された結衣子の予知夢を見せてもらった彩未は、
衝撃を受けます。
(YAHOOテレビGUIDEより)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。