パーフェクトブルー ネタバレ 7話目 - バスマサの知っとく情報2

パーフェクトブルー ネタバレ 7話目

パーフェクトブルー 7話目のネタバレ


あらすじ 11月19日放送分(第7話)
児童相談所相談員・靖子(田島令子)が事務所を訪れ、
夏美(いせゆみこ)という女性の死の真相の調査を依頼します。
夏美はバイクの前に飛び出し事故死、
数時間後に会社員・中山(鶴見辰吾)が自首してきたといいます。
自殺の可能性が高いが、
保護されている娘と再び暮らす為努力していた夏美を知る靖子には信じられません。
やがて加代子(瀧本美織)達の調査で、
中山の息子が普段から事故を起こしたバイクに乗っていたと判明します。
(YAHOOテレビGUIDEより)

概要
人気作家・宮部みゆきの長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」と、
その登場人物たちで描かれた
短編集「心とろかすような―マサの事件簿」を合わせて連続ドラマになりました。
「パーフェクト・ブルー」は2010年2月にWOWOWでドラマ化されていますが、
今回はその物語を横軸に、
短編集のエピソードを縦軸にして、
1話完結スタイルのミステリーとして描かれています。
民放初主演の瀧本美織が演じるのは、
女ばかりの探偵事務所に勤める新米調査員・蓮見加代子。
そして加代子とコンビを組んで調査にあたる、
元警察犬・マサの声を船越英一郎が担当します。
加代子とマサが繰り広げる謎解き、
個性派揃いの探偵事務所の女性達が織りなす人間ドラマに注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。