毒(ポイズン) キャスト 第7話 - バスマサの知っとく情報2

毒(ポイズン) キャスト 第7話

毒(ポイズン) キャスト
綾部祐二/松井十一役
科学者です。


あらすじ 11月15日放送分(第7話)
保険会社の営業所勤務の大樹(五十嵐隼士)は、
所長・詩織(伊藤裕子)の営業記録を更新します。
大樹は事務員・京子(原幹恵)と婚約しており、
早く結果を出し本社に戻りたいと考えていました。
だが、詩織は大樹を目の敵にし、
コーヒーをスーツにかけたり飲めない酒を強要する等、
しつこいパワーハラスメントを繰り返していました。
そんなある日、
大樹の目の前に松井(綾部祐二)が現れ、
究極の毒薬の説明をすると、
薬の瓶を渡し去っていきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

薬物研究で世界的にその名を知られているが、
経歴や私生活は一切公開されていません。
東欧の大学で研究中、
飲めば24時間後に心臓麻痺を起こして死亡し、
検出されることもないという薬物を開発します。
その後まもなく姿を消し、
現在は消息不明とされています。
哲学的かつ幻惑的な言動をとり、
つかみどころのない性格です。
まるで実験するかのように人々に毒を渡し、
その後どうなるかを見つめています。
ドラマのストーリーテラー的存在です。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。