パーフェクトブルー ネタバレ 6話目 - バスマサの知っとく情報2

パーフェクトブルー ネタバレ 6話目

パーフェクトブルー 6話目のネタバレ


あらすじ 11月12日放送分(第6話)
7年前、とある街中で酔っ払った会社員・葉山健次郎(明石鉄平)が、
たまたまぶつかった女性に絡んでいるのを、
止めに入った高校生と揉み合いとなり、
振り払おうとした際に打ち所が悪かったのか、
そのまま健次郎は帰らぬ人となってしまいました。
当時、警官だった宮本(水上剣星)が、
加害者となってしまった高校生を逮捕していました。
物語はここから始まります。
女性ばかりの蓮見探偵事務所では、
美智子(根岸季衣)が結婚記念日に行った温泉旅行話から結婚の話題となり、
成り行きで桃子(白鳥久美子)が、
商社マン・甲斐英樹(松尾敏伸)からプロポーズされた事を発表しました。
意外な展開に驚いた加代子(瀧本美織)達は、
桃子から詳しく話を聞くと、
3ヶ月前に「M企画」というイベント会社が主宰する、
カップリングパーティーで英樹と知り会ったといいます。
そんな折、
探偵事務所に葉山江利子(風祭ゆき)が相談にやって来ました。
江利子は、娘が結婚すると言い出した相手を、
調べて欲しいといいます。
その娘とは桃子が出席したカップリングパーティーで、
同席していた葉山夕紀(MEGUMI)です。
葉山家は、土地を多く保有する資産家で、
(前出の事件)7年前に長男・健次郎(明石鉄平)を亡くし、
娘の夕紀と3人家族です。
夕紀の結婚相手は玉井恵介(細田よしひこ)という「M企画」の社員ですが、
父親の清一(浜田晃)とは一度も会った事が無く、
付き合いだしてからまだ3ヶ月だといいます。
手始めに、加代子が「M企画」を調べると、
パーティーで出会った人物から金を騙し取られたという被害が出ているといいます。
これには桃子も黙っていられません。
「M企画」と婚約者の英樹が悪い人物では困るのです。
真実を確かめたいと、
加代子と共にカップリングパーティーへと潜入調査をかって出ました。
パーティー会場で、
加代子は刑事・藤永(渡辺哲)と宮本と出くわします。
聞けば「M企画」の社員・西宮一真(大口兼悟)が遺体で発見された為、
報告と事情聴取に来たというのです。
藤永の話によると、
遺体は発見現場以外で撲殺された可能性が高いといいます。
結婚詐欺疑惑に、
殺人事件が絡むとなると「M企画」は益々怪しいイベント会社という事になります。
その夜、
不安になった桃子が婚約者・英樹に連絡を取ろうとしますが携帯も繋がりません。
因みにと、
夕紀にも話を聞くとまったく同じ状況だといいます。
早速、加代子達は「M企画」に駆けつける事に。
事態は、結婚詐欺事件、殺人事件、
そして7年目に宮本が担当した殺人事件が複雑に絡み合い、
謎が深まる危険な調査に加代子達はどう挑むのでしょうか?
そして、加代子がやがて知る事になる、
悲しい運命の現実をどう受け止めるのでしょうか?
(公式HPより)

概要
人気作家・宮部みゆきの長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」と、
その登場人物たちで描かれた
短編集「心とろかすような―マサの事件簿」を合わせて連続ドラマになりました。
「パーフェクト・ブルー」は2010年2月にWOWOWでドラマ化されていますが、
今回はその物語を横軸に、
短編集のエピソードを縦軸にして、
1話完結スタイルのミステリーとして描かれています。
民放初主演の瀧本美織が演じるのは、
女ばかりの探偵事務所に勤める新米調査員・蓮見加代子。
そして加代子とコンビを組んで調査にあたる、
元警察犬・マサの声を船越英一郎が担当します。
加代子とマサが繰り広げる謎解き、
個性派揃いの探偵事務所の女性達が織りなす人間ドラマに注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。