パーフェクトブルー ネタバレ 5話目 - バスマサの知っとく情報2

パーフェクトブルー ネタバレ 5話目

パーフェクトブルー 5話目のネタバレ


あらすじ 11月5日放送分(第5話)
人気のない路上で、
男(伊吹吾郎)が傷だらけの少女に
「しばらくの辛抱だよ、俺が父親の代わりになるから…」と、
いいながら車のトランクへと隠しました。
蓮見探偵事務所の所長・杏子(財前直見)がハマって見ている脚本家、
御園雅人(菅原大吉)が書いたテレビドラマの1シーンです。
ドラマを楽しんでいたのもつかの間、
高校の文化祭で展示する絵を描く為、
遅くなると言っていた次女の糸子(高橋春織)が帰って来ません。
しかし、高校は夜の10時頃には出ているというのですが、
携帯は繋がりません。
蓮見家が集うバー「ラ・シーナ」にいるのでは?と、
加代子を伴って店を訪ねてみるのですが、
マスター・椎名(寺脇康文)も知らないといいます。
深夜になり、
痺れを切らした加代子(瀧本美織)が外へと探しに出ようとした時、
糸子が進也(中川大志)と肩を寄せ合いながら店へと帰って来ました。
どうやら無事な様子だが、
未成年2人の行動としては問題です。
糸子に事情を聞くと、
帰る途中、
車のトランクに隠れてる少女(熊田胡々)を見かけ、
危ないから注意しようとしたら何者かにスタンガンらしきもので襲われ、
倒れていたところを進也に助けられたといいます。
腑に落ちないのは杏子と加代子です。
さっき観たばかりのテレビドラマと、
まったく同じような内容だったからです。
糸子の話を信じようとしない母・杏子と姉・加代子に、
今度は進也が痺れを切らし
「襲った犯人を捕まえる」と啖呵を切ります。
翌日、
蓮見探偵事務所にやって来た御園明子(杉田かおる)の依頼は、
糸子が巻き込まれた事件に類似したドラマを書いた、
脚本家・御園雅人の浮気調査でした。
ドラマのストーリーは、
妻に捨てられた夫が、
家庭内暴力に苦しむ少女と出会い、
擬似親子愛を深めて、
自分の人生を捧げるという内容です。
まるで妻へのあてつけの様な内容の脚本に加え、
「このドラマが私の全て」と雑誌の取材でも語っている夫・雅人。
長い間子宝に恵まれず別居状態の妻・明子が不満を持っていた事と、
夫の携帯電話に「みずえ」という知らない女の着信履歴があった事に加え、
多額の貯金を下ろしている事から、
雅人が女に貢いだのではとの疑問を持っているといいます。
明子は明子で専業主婦でありながら家事はせず、
ハウスキーピング会社に頼りきりで外食ばかり。
既に離婚話も持ち上がっている為、
どうせ別れるなら慰謝料を多くとる為に、
浮気の証拠は揃えておきたいというのが依頼の動機です。
そこで蓮見探偵事務所では、
加代子が明子から依頼された調査を担当し、
ベテランのミミさんこと三浦美智子(根岸季衣)が、
糸子と進也の調査をバックアップする事になりました。
糸子達は、
少女が隠れていた車の持ち主・植草篤(モロ師岡)をつきとめ、
その行動を追います。
ところが、
スクープ雑誌の編集者・松井千鶴(笠木泉)の死と、
脚本家・御園雅人が謎の自殺をした事で浮気調査の必要が無くなってしまいました。
依頼が取り下げられれば、
探偵事務所は調査出来なくなるのですが…。
(公式HPより)

概要
人気作家・宮部みゆきの長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」と、
その登場人物たちで描かれた
短編集「心とろかすような―マサの事件簿」を合わせて連続ドラマになりました。
「パーフェクト・ブルー」は2010年2月にWOWOWでドラマ化されていますが、
今回はその物語を横軸に、
短編集のエピソードを縦軸にして、
1話完結スタイルのミステリーとして描かれています。
民放初主演の瀧本美織が演じるのは、
女ばかりの探偵事務所に勤める新米調査員・蓮見加代子。
そして加代子とコンビを組んで調査にあたる、
元警察犬・マサの声を船越英一郎が担当します。
加代子とマサが繰り広げる謎解き、
個性派揃いの探偵事務所の女性達が織りなす人間ドラマに注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。