パーフェクトブルー ネタバレ 3話目 - バスマサの知っとく情報2

パーフェクトブルー ネタバレ 3話目

パーフェクトブルー 3話目のネタバレ


あらすじ 10月22日放送分(第3話)
蓮見探偵事務所には、
調査依頼だけでなく、
様々な相談者も訪れます。
最近では夫からのDV(ドメスティック・バイオレンス)被害の相談も多くなってます。
今日も蓮見探偵社事務所のドアを、
依頼者が叩きます・・・。
その調査依頼者、紺野ひかり(水谷妃里)は、
「自分を産んでくれた母親を探して欲しい、
結婚する前にどんな人なのかを知っておきたい」というものでした。
既に、ひかりが産みの母親らしき人物の名前と本籍地を調べており、
育ての母・紺野千尋(手塚理美)と、
産みの母と思われる真島啓子(愛華みれ)が、
2人で写っている高校時代の写真も資料として持ち込んでいました。
しかし、なぜ自分を産んだ母親が、
子供を手放す事になったのかは、
分からないといいます。
加代子(瀧本美織)から報告を受けた所長の杏子(財前直見)は、
一抹の不安を感じながら、
ベテランのミミさんこと三浦美智子(根岸季衣)と、
2人で調査に当たるように指示を出しました。
その不安が的中したのか、
育ての母・千尋が、
「泥棒の報い。金を払え!」とボイスチェンジャーで声を変えた電話や、
石に包んだ切り抜き文字の手紙を投げ込まれる等、
頻繁に脅迫を受けていた事が分かり、
事件性の高い危険な調査となる様相を呈していました。
さらに自称フリージャーナリストの芹沢保(近江谷太朗)が、
加代子の調査を先回りする様に動き、
千尋とひかりの周囲を探っていました。
ミミの調べによると、
24年前、臨月を迎えた吉岡啓子(旧姓・真島啓子)は、
夫の暴力に耐えきれず刺殺してしまいます。
獄中で出産した娘・ひかりを、
親友の千尋が引き取っていた事が分かりました。
しかし、なぜ今となって千尋が脅迫される事になったのか?
その近所で食事処を経営している、
千尋の高校時代の同級生・中島和美(歌川椎子)に当時の話を聞こうとしても、
知らぬ存ぜぬで頑なに口を開こうとはしません。
ところが、千尋が脅迫されているという事態を偶然知ってしまい、
不安がるひかりを見て、
思わず加代子は、
その理由までも突き止めて見せると約束してしまいます。
解明の糸口を探す加代子に、
芹沢が転落死した事と、
千尋が警察で事情聴取を受けているとの連絡がひかりから入りました。
脅迫事件の謎が解けぬまま、
殺人事件へと発展してしまうのか?
事態は警察と人間模様を巻き込んで、
複雑な展開を見せます。
そして、加代子は真実を掴む事になるのですが、
調査で得た事実のありのままをひかりに報告していいのか?
と、葛藤します。
真実を知る事で人は幸せになれるのか?
加代子は、どう決断するのでしょうか?
(公式HPより)

概要
人気作家・宮部みゆきの長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」と、
その登場人物たちで描かれた
短編集「心とろかすような―マサの事件簿」を合わせて連続ドラマになりました。
「パーフェクト・ブルー」は2010年2月にWOWOWでドラマ化されていますが、
今回はその物語を横軸に、
短編集のエピソードを縦軸にして、
1話完結スタイルのミステリーとして描かれています。
民放初主演の瀧本美織が演じるのは、
女ばかりの探偵事務所に勤める新米調査員・蓮見加代子。
そして加代子とコンビを組んで調査にあたる、
元警察犬・マサの声を船越英一郎が担当します。
加代子とマサが繰り広げる謎解き、
個性派揃いの探偵事務所の女性達が織りなす人間ドラマに注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。