レジデント 増田貴久 1話 - バスマサの知っとく情報2

レジデント 増田貴久 1話

レジデントに出演中の増田貴久
・真中潤一役
大学附属病院救命救急センターの研修医です。

医者一族の跡取り息子で、
物腰は柔らかく人当たりもいい為患者達からは信頼されていますが、
本人は現実の厳しさと、
“代々医者”のブランドにプレッシャーを感じ始めています。
年齢は24歳。

あらすじ 10月18日放送分(第1話)
大学付属病院に勤務する研修医のしずく(仲里依紗)は、
同期の矢沢(林遣都)、
真中(増田貴久)、
陽菜子(大政絢)、
紗知(石橋杏奈)の4人と共に救命救急センターに配属されます。
研修初日、
出勤前にボクシングジムで汗を流していたしずくの目の前で、
仲間の内海(波岡一喜)が腹痛を訴え倒れます。
内海に同行し救急車で出勤したしずくは、
整形外科医の田淵(古田新太)や、
外科医の宮島(小澤征悦)、
脳外科医の弥生(須藤理彩)ら、
先輩医師の仕事に圧倒されます。
その夜、当直のしずくは、
搬送された自殺未遂の常連患者の処置を任されます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
開業医の家に生まれた美山しずく(仲里依紗)は、
長男である出来の悪い双子の弟に代わって医学部を目指します。
だが、父には「女のお前に期待したことはない!」と言われ、
親の援助を受けずに奨学金を受けて医学部に入学します。
国家試験に合格したしずくは、
1年目の研修医として大学附属病院のいくつかの診療科を回った後、
救命救急センターに配属されます。
そこにはしずくのほか、
矢沢圭(林遣都)、
真中潤一(増田貴久)、
小岩井陽菜子(大政絢)、
新城紗知(石橋杏奈)ら4人の研修医がいました。
それぞれに問題を抱える5人の若き研修医達は、
救命医療の厳しい現実に直面し、
悩みながらも成長していきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。