パーフェクトブルー ネタバレ 2話目 - バスマサの知っとく情報2

パーフェクトブルー ネタバレ 2話目

パーフェクトブルー 2話目のネタバレ

あらすじ 10月15日放送分(第2話)
蓮見加代子(瀧本美織)がマサ(犬)を散歩に連れて行く水上公園で、
深夜に1人のホームレス風の男がゴルフクラブを持った人物に襲われました。
襲われた男は逃げる拍子に転び、
打ち所が悪くそのまま死亡してしまいます。
その光景を、
離れた場所から手に血まみれのナイフを持った影が目撃していました。
翌朝、加代子はマサと共に警察の現場検証に遭遇します。
しかし、マサの興味は現場検証とは別の木陰です。
無理やり加代子がマサに連れられて訪れた木陰には、
猫の無残な遺体がありました。
加代子は現場検証に立ち会っていた刑事の藤永(渡辺哲)と宮本(水上剣星)に、
このところ頻繁に起こっている動物虐待事件を訴えますが、
ひところ騒がれたホームレス狩り事件と思われる捜査にやっきの警察は、
取り合おうとすらしませんでした。
そんな折、
蓮見探偵事務所に「家出した息子・穣太郎を探して欲しい」と、
依頼者・生駒澄子(吉田幸矢)がやってきました。
話を聞くと穣太郎とは、
澄子が息子のように育てているペットの猫でした。
加代子は澄子が持っていた穣太郎の写真で、
動物虐待被害の猫と断定します。
澄子の強い要望もあり、
犯人を見つけ出す調査依頼を受ける事になりました。
調査を進める中で、
夜中にいつも出歩いている中学2年生・藤堂公久(平岡拓真)の名前が上がり、
張り込みで公久の行動を探る事になります。
一方、ホームレス狩りの被害にあった男は、
藤堂治夫(住田隆)・無職だとテレビのニュースで知った加代子と蓮見探偵事務の面々は、
ホームレス狩り事件との関係を睨み、
慎重に調査を進める事になります。
藤永刑事の話から、
公久は複雑な家庭環境だと聞かされた加代子は更に深く事件へと関わる事になります。
しかし、公久がホームレス狩りの参考人として警察で事情聴取を受けている最中に動物虐待事件が起こり、
加代子の調査は振り出しとなってしまいます。
人間の大人達の思惑と事情で振舞わされる子供達とペット達。
「動物も、人も同じ命を持っている」という加代子の信念が、
真犯人の謎解明と、
荒んだ犯人の心にジンと染み渡ります。
(公式HPより)

概要
人気作家・宮部みゆきの長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」と、
その登場人物たちで描かれた
短編集「心とろかすような―マサの事件簿」を合わせて連続ドラマになりました。
「パーフェクト・ブルー」は2010年2月にWOWOWでドラマ化されていますが、
今回はその物語を横軸に、
短編集のエピソードを縦軸にして、
1話完結スタイルのミステリーとして描かれています。
民放初主演の瀧本美織が演じるのは、
女ばかりの探偵事務所に勤める新米調査員・蓮見加代子。
そして加代子とコンビを組んで調査にあたる、
元警察犬・マサの声を船越英一郎が担当します。
加代子とマサが繰り広げる謎解き、
個性派揃いの探偵事務所の女性達が織りなす人間ドラマに注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。