バスマサの知っとく情報2

レジデント 増田貴久 3話

レジデントに出演中の増田貴久
・真中潤一役
大学附属病院救命救急センターの研修医です。

医者一族の跡取り息子で、
物腰は柔らかく人当たりもいい為患者達からは信頼されていますが、
本人は現実の厳しさと、
“代々医者”のブランドにプレッシャーを感じ始めています。
年齢は24歳。

あらすじ 11月1日放送分(第3話)
自宅の階段から落ちた、
86歳のフミ(宮内順子)が搬送されてきました。
治療室前の廊下で、
フミの息子の哲治(小野武彦)と、
彼の妻・順子(木内みどり)が喧嘩を始め、
間に入ったしずく(仲里依紗)は、
離婚話に発展してしまった2人に慌てます。
一方、紗知(石橋杏奈)は町中でリカ(相葉香凛)と再会。
リカは紗知が医者になったと聞き、
顔色が変わります。
2人の間には事情がありそうですが、
紗知は一緒にいたしずくにも、
何も語ろうとはしませんでした。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
開業医の家に生まれた美山しずく(仲里依紗)は、
長男である出来の悪い双子の弟に代わって医学部を目指します。
だが、父には「女のお前に期待したことはない!」と言われ、
親の援助を受けずに奨学金を受けて医学部に入学します。
国家試験に合格したしずくは、
1年目の研修医として大学附属病院のいくつかの診療科を回った後、
救命救急センターに配属されます。
そこにはしずくのほか、
矢沢圭(林遣都)、
真中潤一(増田貴久)、
小岩井陽菜子(大政絢)、
新城紗知(石橋杏奈)ら4人の研修医がいました。
それぞれに問題を抱える5人の若き研修医達は、
救命医療の厳しい現実に直面し、
悩みながらも成長していきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

東京全力少女 予告 4話

東京全力少女 4話目の予告
【送料無料】恩知らず [ 中島みゆき ]

【送料無料】恩知らず [ 中島みゆき ]
価格:1,050円(税込、送料別)



見どころ 10月31日放送分(第4話)
卓也(渡部篤郎)との父娘生活を決め込んだ麗(うらら、武井咲)は、
卓也の浪費家生活を矯正しようと企み、
さっそく家政婦をクビにし自ら自炊し節約生活を計画します。
さらに卓也がわざわざ高い金を払って超高級クラブ“シャコンヌ”に通う事を、
どうしても麗は納得できません。
ママのはるか(森カンナ)に騙され貢がされているに違いないと踏んだ麗は、
卓也の目を覚まさせようと、
再びシャコンヌにバイトとして潜り込みます。
そこで麗が目撃したのは、
300万円の入った封筒をはるかに手渡す卓也の姿でした!

ストーリー
19歳になったばかりの佐伯麗(武井咲)は、
美容院を営む母・さゆりに
「ママ、心配しないで、私は東京へ行きます」
と書いた置手紙を残して東京行きの深夜バスに乗ります。
15年前に離婚して以来、
女手一つで自分を育ててくれた母には感謝していましたが、
キラキラ光って見える憧れの東京で生活してみたいと思い立ち、
62万円の貯金を全額おろして、
家出同然で故郷・香川を後にしたのでした。
東京には実父の鈴木卓也(渡部篤郎)が住んでいましたが、
父を頼る気はありませんでした。
翌朝、東京に到着した麗は、
不動産屋の店頭で住む部屋を探しますが、
安い部屋は見つかりません。
落胆しつつ朝食を取ろうと入った牛丼屋で、
夜行バスで一緒だった玉川大輔(三浦翔平)にナンパされます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

パーフェクトブルー ネタバレ 4話目

パーフェクトブルー 4話目のネタバレ


あらすじ 10月29日放送分(第4話)
美術品販売・相沢アンティークの相沢一郎社長(清水昭博)が殺され、
金庫から1千万円が盗まれました。
警察は凶器となった灰皿に残された指紋から、
強盗殺人事件の容疑者として、
同社員の宇野俊彦(葛山信吾)を指名手配しました。
そんなとある日、
蓮見探偵事務所に1人の女性がやって来ます。
依頼者・宇野友恵(早織)は、
朝からテレビで話題となっている、
強盗殺人事件の指名手配犯で兄の宇野俊彦を見つけて欲しいといいます。
10年前、
家庭内のトラブルで俊彦が引き止めるのも聞かず道路へと飛び出した友恵は、
交通事故に合い足が不自由になっていました。
自責の念にかられた俊彦は、
友恵が幸せになるまで身を律した生活を送っていたといいます。
ところが、
最近になってやっと決まりかけた友恵の婚約が、
足の不自由を理由に相手の両親から反対され、
破談になった事を悔しがっていたといいます。
友恵の話し通りの人物なら、
人を殺して金を奪うとも思えませんが、
家賃を滞納している事と、
借金取りが頻繁にマンションにやって来ては騒ぎ、
近所迷惑となっているという事実もあり、
金を必要としていた事だけは確かだといいます。
加代子(瀧本美織)は、
友恵の真摯な訴えに
「俊彦が何故、金を必要としていたのか?」
という理由を突き止め、
自首させる為の調査という名目で依頼を受けます。
強盗殺人事件が絡む危険な調査に、
杏子(財前直見)は反対しますが、
加代子の強い意志に折れ、
ミミこと三浦美智子(根岸季衣)、
モモこと長嶋桃子(白鳥久美子)、
ルルこと江島瑠璃子(麻生かほ里)の4人体勢でならと許可を出します。
ミミは殺された社長の妻・伸江(鳥居かほり)に上手く取入って、
俊彦が社長に給料の前借を執拗に申し入れていた事を掴むと同時に、
金に困っているはずなのに嬉しそうだった?
という話を聞き込んできました。
以前、経理を担当する古株の秋末次郎(利重剛)の息子・雅史(戸谷公人)が、
クスリで捕まったときも執行猶予となった為表沙汰にならず、
解雇されずに済んでいるという情報も入ってきました。
前借を申し込んだ俊彦の借金騒動が、
堅物で信用第一主義者の相沢社長にバレていたら、
間違いなく即クビだったといいます。
加代子は会社の同僚・田川(鹿内大嗣)から、
俊彦が以前「俺はホワイトナイトなんだ」と、
言っていたという話を聞き込みました。
果たして、企業買収絡みなのか?
(公式HPより)

概要
人気作家・宮部みゆきの長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」と、
その登場人物たちで描かれた
短編集「心とろかすような―マサの事件簿」を合わせて連続ドラマになりました。
「パーフェクト・ブルー」は2010年2月にWOWOWでドラマ化されていますが、
今回はその物語を横軸に、
短編集のエピソードを縦軸にして、
1話完結スタイルのミステリーとして描かれています。
民放初主演の瀧本美織が演じるのは、
女ばかりの探偵事務所に勤める新米調査員・蓮見加代子。
そして加代子とコンビを組んで調査にあたる、
元警察犬・マサの声を船越英一郎が担当します。
加代子とマサが繰り広げる謎解き、
個性派揃いの探偵事務所の女性達が織りなす人間ドラマに注目です。
(YAHOOテレビGUIDEより)
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。