バスマサの知っとく情報2

鍵のかかった部屋 戸田恵梨香 第3話

鍵のかかった部屋 戸田恵梨香・・・青砥純子役
嵐 Face Down フェイスダウン 初回限定盤 新曲CD+DVD

フリードマン・芹沢総合法律事務所の若手弁護士です。
純粋でまっすぐな性格の為、
時に突拍子もない発言や行動で周囲に迷惑をかける事もありますが、
どこか憎めない可愛らしさを持つ存在です。

番組内容 4月30日放送分(第3話)
榎本径(大野智)は、
青砥純子(戸田恵梨香)と刑事・鴻野(宇梶剛士)と共に、
プロ棋士・竹脇(ゆうぞう)が殺害されたホテルの一室にやって来ました。
そこはビジネスホテルで、
竹脇は背中を包丁で一突きにされドアを頭にして倒れていたといいます。
現場は、窓もドアも施錠されチェーンまでかけられた密室で、
室内には携帯用の将棋盤、棋書、将棋新聞、
飲みかけのコーヒーカップが残されていました。
榎本は、部屋を開けた時ドアが遺体に触れたかどうかを遺体発見者のスタッフに尋ね、
スタッフはチェーンがかかっていた為、
遺体までは届かなかったと証言しました。
そこへ、来栖奈穂子(相武紗季)が入ってきました。
鴻野は竹脇の恋人だという奈穂子に遺留品の財布等を見せ、
それが竹脇の物だと確認させました。
そんな時奈穂子は、
何気ない様子で将棋盤にあった駒をひとつ動かしました。
遺留品の中に、
携帯電話やパソコンが無かった事を不審に思った鴻野が聞くと、
どちらも持っていなかった、と奈穂子は答えました。
そんな折、
奈穂子が最近話題の女流棋士だと気づいた純子は盛り上がります。
竹脇からの最後の通話相手だった事から、
芹沢豪(佐藤浩市)が事情聴取された為、
今回の事件の真相を調べる事になったのでした。
後日、純子と奈穂子が榎本の会社にやって来ました。
いつもの「備品倉庫室」でホテルの部屋の模型を完成させていた榎本は、
事件の最大の謎はドアチェーンがかかっていた事だと話します。
(YAHOOテレビGUIDEより)

三毛猫ホームズの推理 サントラ 第3話

三毛猫ホームズの推理 第3話 サントラ
も、いいですが、主題歌ならこちらがいいかも

内容 4月28日放送分(第3話)
ある日、義太郎(相葉雅紀)は、
ホームズのおかげで指名手配犯を逮捕して表彰されます。
栗原(石坂浩二)は、
そのご褒美として義太郎に古城への旅を勧めます。
バカンスに行けると喜ぶ義太郎でしたが、
栗原の狙いは、
その古城で自分の知人の警護を義太郎にさせる事でした。
心細い義太郎は嫌がるホームズを連れて、
山奥にそびえ立つ中世ヨーロッパ風の古城・永江家へ向かい、
晴美(大政絢)とヒロシ(藤木直人)、石津(大倉忠義)も同行する事になります。
義太郎が警護するのは、
財閥として知られる永江家の長男・和哉(山口馬木也)。
和哉は、父の英哉(榎木孝明)に呼び出されて、
弟妹と共に実家に帰るのだといいます。
永江家には和哉の他、
長女・有恵(北川弘美)、次男・紳也(細田よしひこ)、
次女・圭子(加藤あい)という4人の子供がいました。
永江家の城では、
2年前に亡くなった英哉の婚約者・智美(春日井静奈)の、
三回忌が行われる予定でした。
しかし、英哉は智美を殺した犯人を突き止める為、
子供達を集めたのだといいます。
智美は英哉との結婚式の前日に殺害され、
その犯人は見つかっていませんでした。
英哉は、智美に財産を奪われるのを恐れた子供達の誰かが、
智美を殺したと考えていました。
義太郎は、英哉に協力させられる羽目になります。
義太郎はホームズに助けを求めますが、
無理やり連れてこられたホームズは不機嫌で、
義太郎の言うことを聞いてくれません。
そして一夜明けて、有恵の遺体が発見されます。
和哉が城の外に連絡をとろうとするものの、
電話線は切断され、
携帯電話はすべて奪われていました。
さらに、爆発が起こって一本しかない城までの道が塞がれ、
義太郎達は完全に孤立してしまいます。
(YAHOOテレビGUIDEより)

37歳で医者になった僕 八乙女光 第3話

37歳で医者になった僕で八乙女光は佑太と同じ研修医役です。
番組内容 4月24日放送分(第3話)
名刺を配り始めた祐太(草ナギ剛)は、
患者達の人気者になります。
そんな折、祐太は、
中島(鈴木浩介)と新見(斎藤工)が末期の膵癌患者・木島啓一(甲本雅裕)に、
転院を勧めようとしている事を知ります。
回復の望めない治療を続けるより、
ホスピスで最期のケアを受けさせるべきというのです。
しかし中島らの本当の意図は、
助からない患者を追い出してベッドの稼働率を上げる事でした。
木島に治る見込みはないと宣告し、
転院に追い込もうとする新見に反発した祐太は、
独自に転院先を見つけようと決意します。
膵癌治療に実績のある病院を探す中、
癌治療の新薬の存在を知り、
木島に投与を提案したいとカンファレンスで発言します。
しかし、その新薬は副作用も強く日本では未認可です。
瑞希(水川あさみ)の母校の大学病院で行われている治験では、
効果が出ず死亡する例もありました。
中島らはリスクが高すぎると反対するが、
佐伯(松平健)の反応は意外なものでした。
「使うかどうかは患者が決める事」と、
木島の意思を聞くよう祐太をうながしたのです。
そしてこの後、
木島に投与を提案した祐太は
「紺野さんが『治る』と言ってくれるなら使う」と言われて言葉に詰まります。
(YAHOOテレビGUIDEより)

ストーリー
食品メーカーに勤めていた紺野祐太(草なぎ剛)は、
ある出来事を機に30歳で会社を辞め、
大学の医学部へ再入学しました。
一日も早く一人前のドクターになりたいという熱意を胸に、
37歳で研修医として大学病院へ行きます。
しかし、まるで数十年前のような過酷な労働条件、
患者の病を研究対象としか見ていない医師達、
ドクターと患者に負担を強いるだけの「教授回診」。
大学病院のさまざまな現実を目の当たりにします。
「医療だってサービス業だ」との思いに目覚めた祐太は、
時に年下の上司に否定され、
時に教授と対立しながらも、
“患者が本当に求めている医療”を模索します。
対立と共感、
喜びや苦悩、
恋人とのトラブル等など
さまざまな思いを抱え、
日々奮闘していきます。
(YAHOOテレビGUIDEより)
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。