バスマサの知っとく情報2

松嶋菜々子 ドラマ 視聴率

松嶋菜々子主演ドラマ「家政婦のミタ」の視聴率がすごいですね。
平均視聴率が22.7%と20%以上をキープしています。

再び阿須田家で働く事になった三田(松嶋菜々子)は、
亡くなった夫と息子の幻覚をたびたび見るようになります。
夫と息子の死は自分のせいだと罪の意識にさいなまれる三田は、
苦しみ激しく動揺します。
海斗(綾部守人)は、
まもなく学校で行われる授業参観について悩んでいました。
授業参観では母親への感謝状を読む事になり、
母親がいない場合は父親に宛てて書いてもいいと言われていました。
海斗は凪子(大家由祐子)の事を書きたいと思っていましたが、
自殺した母への思いを正直に書くには躊躇いがありました。
海斗は、どうしたらいいかを家族に相談するものの、
誰も答えられません。
海斗が三田にアドバイスを求めると、
三田は「あなたが決める事です」と言うだけでした。
一方、恵一(長谷川博己)への思いを断ち切りたいうらら(相武紗季)は、
真面目そうな青年(勝地涼)と見合いをします。
それを知った阿須田家の人々は、
なぜうららが突然結婚したいと言い出したのか、
不思議に思います。
うららの真意を知っている三田は、
思わず自分から口を開こうとします。
三田の中で何かが変わり始めていました。
三田から相談を受けた晴海(白川由美)は
「自分の意志で動くと周りを不幸にすると思い込むのはやめた方がいい」と、
迷っている三田を励まします。
海斗は、納得できないながらも父親への感謝状を書き始めていました。
三田は、海斗から書きかけの作文を取り上げて破り捨て
「お母様への感謝状を書くべきだ」そして、
「母・凪子の死は自殺ではない・・・」と、
初めて自分の意見を言います。
阿須田家の人々への愛情が深まり、
安らぎを覚え始める三田。
そんな矢先、
夕食の準備をする三田を手伝おうとした希衣(本田望結)が、
火傷を負ってしまいます。
やはり自分が周りの人を不幸にする
という呪縛から逃れられない三田は遊園地へ向かい、
自分を待つ夫と息子の幻覚と向き合う事に…。
(YAHOOテレビGUIDEより)

松嶋菜々子 家政婦のミタ ダウン

松嶋菜々子が家政婦のミタで着ているダウンのメーカーは?


12月7日放送分(第9話)
壮絶な過去を告白して、
三田(松嶋菜々子)は阿須田家から去っていきました。
恵一(長谷川博己)と子供達は三田の消息を追うものの、
見つけられません。
すると、紹介所の晴海(白川由美)から
「三田は別の家で働く事が決まった」と伝えられます。
三田が派遣された家は、
なんと隣の皆川家でした。
恵一と子供達は、
あ然とします。
子供達が「帰ってきてほしい」と必死に訴えても、
三田は「私はもう、皆さんとは何の関係もない」と冷たく突き放します。
一方、
三田が辞めた事を知ったうらら(相武紗季)は、
阿須田家にやって来て
「これからは私が毎日食事を作りに来る」と張り切ります。
しかし、いつもの調子でドジをやらかし、
父・義之(平泉 成)に「少しは空気を読め」と連れて帰られます。
そんな中、
三田の雇主となった真利子(佐藤仁美)から
「夫を尾行して」と指示された三田は、
夫の功が不倫をしていて、
結婚した事を後悔している事を突き止め、
真利子に報告します。
ヤケになった真利子は
「一家心中するから家ごと燃やして」と三田に命じる。
翌日、
皆川家の長男・翼の誕生日を親子3人でお祝いしていると、
その横で三田が灯油をまき始め、
火をつけようとします。
本当に一家心中になりそうな光景を目の前にして、
パニックに陥った真利子は三田に、
「平気で人を殺そうとするなんて・・・あなたが死ねばいい」と口走ります。
すると三田は、
その言葉を待っていたかの様に、
自ら灯油をかぶり…。
(公式HPより)

謎解きはディナーのあとで 櫻井翔

謎解きはディナーのあとで 櫻井翔の毒舌執事がはまり役ですね。


あらすじ 12月6日放送分(第8話)
影山(櫻井翔)は宝生麗子(北川景子)をテレビ局まで送ります。
この日、テレビ局では麗子の先輩で歌舞伎役者、
染田松五郎(福士誠治)が主演する事になった刑事ドラマの、
制作発表パーティーが催されるのでした。
会場には麗子の友人、
森雛子(早織)、桐生院綾華(岩佐真悠子)、
宮本夏希(森カンナ)、木崎麻衣(平愛梨)も来ていました。
華やかなモデルの永瀬千秋(入山法子)や芸能関係者が集っています。
なぜか風祭京一郎(椎名桔平)の姿も…。
さらに、影山まで会場にいます。
麗子は友人達と一緒に、
松五郎の姉でありマネジャーの瑞穂(笛木優子)に挨拶します。
そして松五郎の付き人、
西山珠樹(浅利陽介)に声をかけられます。
麗子の高校時代の同級生だった西山は、
雛子が松五郎をまだ好きなのかと聞きます。
実は、高校時代に西山から雛子への想いを聞かされた麗子は、
彼女はタマちゃんが好きだと答えていたのでした。
タマちゃんとは松五郎の屋号「玉乃屋」からきた松五郎の愛称です。
また、その頃麗子は、
雛子に託されたタマちゃんへのラブレターを松五郎に渡せずにいました。
話を終え、
麗子が西山と会場に戻ろうとすると大きな衝撃音と悲鳴が聞こえます。
スタジオで瑞穂がセットの下敷きになっていました。
事故として片付けられそうになりますが、
麗子は影山に助けを求め、
事件は解決します。
だが、その夜のディナーで影山は、
「今回の事件の発端は、他でもないお嬢様にあるのですよ」 と、
麗子に突きつけました。
(YAHOOテレビGUIDEより)
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。