バスマサの知っとく情報2

吉高由里子 私が恋愛できない理由 3話

吉高由里子が出演している私が恋愛できない理由の3話目は?
【送料無料】吉高由里子写真集

【送料無料】吉高由里子写真集
価格:2,625円(税込、送料別)


番組内容 10月31日放送分(第3話)
ハロウィンイベントの打ち合わせで
ホテルを訪れていた藤井恵美(香里奈)は、
長谷川優(田中圭)と婚約しているはずの前田ひかり(倉科カナ)が、
別の男性とお見合いをしているところを目撃してしまいます。
半沢真子(大島優子)は、
木崎俊哉(中村竜)に手作りのお弁当を渡そうとしましたが、
「重い」と言われて受け取ってもらえずに、
落ち込んでいました。
真子は、
“重い女"を卒業しようと決意し、
『軽やかな女になるための10カ条』
なる特集記事が掲載されている雑誌を買ってきます。
一方、小倉咲(吉高由里子)は、
山波出版の採用試験をクリアし、
役員面接までこぎつけました。
咲は、
それを白石拓海(萩原聖人)に報告しようと
彼の携帯電話に電話し、
留守電を残しました。
そのとき自宅にいた拓海は、
妻の美鈴(稲森いずみ)から、
子どもがほしいと言われ困惑していました。
ある日、恵美は、
優に誘われて、
ハロウィンイベントで使う大きなカボチャを探しに行きます。
その際、恵美は、
優がひかりの父親から
あまり良く思われていないらしいことを知ります。
恵美と優は、
カボチャを積み込んで会社に戻りました。
するとそこに、
ひかりがやってきます。
ひかりは、
何故両親に会ってくれないのか、
結婚のことを皆に内緒にしているのか、
と優を責めます。
その会話を偶然聞いてしまった恵美は、
男らしく皆の前で
結婚のことを発表したらどうかと優を励ましますが…。
(YAHOOテレビGUIDEより)

鈴木福 妖怪人間ベム

鈴木福がベロ役を演じている妖怪人間ベム
【送料無料選択可】愛菜と福、たまにムック。/扶桑社(単行本・ムック)

【送料無料選択可】愛菜と福、たまにムック。/扶桑社(単行本・ムック)

あらすじ 11月5日放送分(第3話)
内容
人間の涙で
妖怪の皮膚が人間の皮膚に変わることを発見した、
ベム(亀梨和也)、ベラ(杏)、ベロ(鈴木 福)。
3人は涙集めに精を出すが、
そんなに簡単には集まりません。
そんなある日、
ベムたちは公園でベンチに座ってボーッとしている
老人・和久井忠雄(平田満)に気づきます。
実は3人は東京タワーが完成した50年前以上に、
和久井に会っていました。
当時ネジ工場を経営していた和久井は経営に行き詰まり、
首を吊ろうとしていたのです。
そこをベムたちに助けられたのでした。
その後、経営を立て直した和久井は
3人を家に招待し、
食事を出してもてなしてくれました。
3人にとっては
人間と触れ合ったいい思い出でもありますが、
もしいま和久井に姿を見られたら、
ベムたちが人間でないことがバレてしまいます。
3人は遠くから和久井を見つめるだけに留めていました。
しかしその後、
3人は和久井が列車の近づく踏切に
入り込むところを目撃すします。
あわや、
というところで再び3人に助けられた和久井ですが、
50年前と同じ姿をしたベムたちには気づかなかったようです。
だが、ベムは「昔助けた人間がまた死のうとした。
自分のしたことには何の意味もなかったのか?」
と考え混んでしまいます。
そしてベムたちが家を見張っていると、
またしても和久井が首を吊ろうとしたのです!
ベムたちは三度、
和久井を助けることになります。
和久井は妻に先立たれ、
身寄りもなく、
生きていく意味を見失っていたのです。
3人は和久井の部屋で
「やってみたいことノート」を見つけます。
そこには昔和久井が
死ぬまでにやりたいと思っていた様々な夢が書いてありました。
「宇宙に行ってみたい」
「バイク便を使ってみたい」
「雪男を見てみたい」などなど。
いまでは実現不可能だと
寂しく笑う和久井を、
ベムは失敗してもいいから
やってみようと励まします。
そして3人は和久井の「やってみたかったこと」
に付き合うことになります。
そのころ街では、
老人ばかりを狙うひったくり事件が頻発していました。
犯人の熊川浩二(細田よしひこ)は
バイクに乗って老人に近づき、
カバンをひったくって逃げる手口を繰り返していました。
夏目(北村一輝)はひったくり犯の捜査を始めていました。
そして熊川は和久井の鞄を狙って、
ひったくりをしようとします。
ベムに止められて失敗しますが、
和久井は激しく咳き込んでしまいました。
和久井はがんを患い、
もってあと半年と宣告を受けていたのです。
再び絶望し「死にたい」ともらす和久井に、
ついにベムは自分の正体を明かしてしまいます!
いっぽう熊川に名前のない男(柄本明)が近づき、
またしても熊川の目にアメーバ状の物体を注ぎ込みました。
熊川は再び和久井を襲おうと近づき――?!

櫻井翔 謎解きはディナーのあとで 3話

櫻井翔主演「謎解きはディナーのあとで」
結構面白いです。


あらすじ 11月1日放送分(第3話)
影山(櫻井翔)は、
日曜日の朝から事件現場に向かう
宝生麗子(北川景子)のリムジンを運転していました。
せっかくの日曜日なのにと麗子は少しおかんむりです。
この日、麗子が例によって
上司の風祭京一郎警部(椎名桔平)と担当したのは
現役国会議員・野崎伸一(水橋研二)の殺害事件でした。
野崎は定宿としているホテルの部屋で、
側頭部を殴られ死んでいました。
死体はなぜか、
麗子も赤面のパンツ一丁だったのです。
野崎が最近、
大物政治家の闇献金疑惑を追及していたことから、
風祭は永田町の巨大な陰謀が絡んでいると息巻きます。
例によって風祭とともに、
一通りの事情聴取を影山に見守られながら終えた麗子でした。
屋敷に戻ると例によって、
影山に聴取の詳細を話します。
そこで判明したのが野崎は殺される直前に、
女性ばかりに電話をかけていたことでした。
そして、ホテルのボーイとボディーガードからも
貴重な情報を得ていました。
野崎の死亡推定時刻後、
ボーイは部屋から出てくる身長180センチほどの人物を目撃していました。
ボディーガードは、
死亡推定時刻前に部屋へと入る身長160センチぐらいの人物を見ていました。
あらましを聞いた影山に、
いつものように解決を頼ろうとしてしまう麗子です。
それを見透かしたかのように、
影山はつれない態度をとります。
怒った麗子は、
今回は素人推理では歯が立たないと影山を挑発します。
すると…。
「失礼ながらお嬢様。
やはりしばらくの間引っ込んでおいてもらえますか?」。
影山がひもとく事件の真相とは・・・?
(YAHOOテレビGUIDEより)
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。